【速報】新元号は『令和』に決定!どんな意味が込められている?

2019年4月1日

2019年、新しい元号は「令和」に

平成に変わる新元号となったのは「令和」に決定しました!!読み方は「れいわ」です。「りょうわ」ではないので注意!

まさか「和」という漢字が使われるとは思っていませんでしたので、結構驚きです。

昭和→平成→令和

やはり「和」という文字が使われているのは、近年の世界情勢や、テロなどの様々な問題から「平和」であってほしいという切実な願いが込められているのでしょうか?

では実際のところ「令和」という元号には一体どのような意味が込められているのか、詳しく調べていきたいと思います

 

新しい元号「令和」に込められた意味は?

菅官房長官によると、新元号「令和」は「万葉種」の梅の花三十二首の序文から引用したものだそうです。

従来まで元号は中国古典を参考にしてきたものだったので、これはかなり異例のことだと言えるでしょう。

 

なぜ万葉集から引用?

万葉集は、昔から階級に関係なく親しまれてきた歌集であり、地位や身分関係なく様々な人の歌が万葉集に収められている。日本の素晴らしい歴史を象徴するものだから。

 

新元号発案者の公表はしない

菅官房長官は11時40分に行われた会見で、新元号「令和」の発案者は匿名のままにすると公言しました。

新元号発案者の特定は個人の思想などに関係するため、このような措置になったそうです。

 

© 2021 All right reserved.